<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

植物名クイズの答え

a0227137_1849238.jpg
前回のクイズ、水辺大好き植物は?の答えです。






正解は…






a0227137_18503888.jpg
ホテイアオイでした!

FBで、スイレン?とコメントを頂きました。惜しいです。
マクロ写真の画像は若干、赤を強くするように加工しましたので、
スイレンに見えたのかもしれません。
シベをよく見ると、
こんな透明のマラカス(楽器ですよ!)がくっついた形をしております。


メダカの繁殖用(卵の産み付け用)に、2株栽培しています。
ベランダの薄日の射すところに置いて、ローテーションしていますが、
先日、カーッと晴れた日に、葉が日焼けしてしまい、
ただいまお風呂場の窓辺で、蘇生中。

今年はメダカの卵のかたまりを、一粒ずつはがして、様子を見たところ、
過去最大のふ化に成功。50匹は超えてます。
(いつも無精卵から生じたカビ状のものが、
すべての卵に影響してしまい、多くの卵が、ふ化できなかった)

有精卵は2日目の状態で、若干、黄色みを帯びていて、
無精卵は、白いので、判別はすぐにつきます。

スジコを、イクラにする手順と同じですね。
魚卵かたまりの、筋を取ってあげれば、飛躍的にメダカの繁殖率が上がります。
特別な器具はなく、指でチマチマと作業をやっています。
弾力があるので、怖がらずに行います。

チビメダカズは、稚魚用のエサで、順調に育っています。
やはり稚魚用のほうが、食いつきがいいです。

白メダカと、黒メダカの子供なので、白い子と黒い子がいっぱい。
グレーの子になるのか、今後が楽しみです。


a0227137_18175565.jpg

a0227137_18192450.jpg



by atelier_aoitori | 2014-06-27 19:06 | Pet

秋講座の告知のお知らせ

a0227137_0342176.jpg
2014年9月、秋から教室を本格的に取り組みはじめます。
どの講座も、半年に一度か、不定期の間隔で、開講予定です。
少々お待ちください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

秋講座、7月5日(土)に発表
オフィシャルサイト、当ブログ、同時に発表予定


(募集などは、数日後なので、焦らなくて大丈夫ですよ!)

講師からは引退しようと思っていた私に、
教えてほしい事がある、と頼ってきてくれた生徒さんがおられました。
ここは考え直す時なのだろうかと、春の間、悩みました。
生徒さんが成果を出せるよう、結果をお出ししたいと思います。

さて、クイズです!
写真のお花は、何のシベでしょう?
透明のつぶつぶが、コケとか、カビみたいですね~
もうちょっと良い感じの言い方(?)だと、角(つの)でしょうか。
ヒントは、水が大好き、水辺の植物です。アレデスヨ、アレ!
正解は次回♪


あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-17 00:42 | Photo lesson

すみれを忘れていました。

a0227137_2054919.jpg
鉢植えのスミレをご紹介するのを忘れていました。


a0227137_22393324.jpg
前記事でもご紹介しました、3月21日のスミレの状態。


a0227137_22402894.jpg
こちらは4月5日の状態。
わさわさと葉っぱを茂らせ、咲き始めました。


a0227137_2241939.jpg
一気に咲きそろっています。葉っぱが細長い子ですね。
手前のスミレの葉っぱは、ハート型です。



a0227137_2242541.jpg
すみれ、という名前は「墨入れ」から来ていると言われています。
花の後ろに袋があるでしょう?


育て方としては、半日蔭と言われていますが、
半日蔭だと翌年の花つきが少ないように感じますので、
夏でも日向に置き、育てています。
肥料は私は与えていませんが、花後に新しい土を鉢に追加しました。
(肥料をやりすぎると、虫が付きやすくなります)
半日蔭で育てると、葉の茂りは良くなります。

蟻が、スミレの種を持ち去ってしまうのを防止するため、
鉢を水受け皿に入れて、水を張っておく(蟻が泳げないのを利用)、と
昔の園芸本には書いてありましたが、
水を張った状態を、スミレは好まないので、
水受け皿に、腰を浮かした状態で鉢を置くと、効果があると思います。
私は、多少は蟻に差し上げても良いのでは?と思って、
何もしていません。

それにしても、スミレは気が付かない人には、目を止められないほど可憐なので、
植物オタクの私は、子供の頃から、可愛すぎて、何とやら…の存在でした。
自分のほうを向いてくれないのも、また、たまりません。
もっと増えるといいなー、これからの楽しみです。



あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/




by atelier_aoitori | 2014-06-15 22:38 | Gardening

ヒヤシンス、パンジー、うちは紫が多い。

a0227137_2285586.jpg
今年の春は青紫の花色を増やしました。
え、去年と変わんないって???
いつもは、薄いライラック色、ベージュ色が多いのですよ。


a0227137_22103385.jpg
それと、宿根草が好きなので、葉っぱの色が変わらない分、
印象が似ているかもしれません。
どんどんスレンダーになっていく植えっぱなしヒヤシンスたち。
紫陽花の新芽が、雨あがりで、一層、色鮮やかです。


a0227137_2293392.jpg
母が持ってきてくれた桜色したパンジー。
お顔が可愛い。


a0227137_22134296.jpgつぼみクシャクシャのパンジーも、やっと開いてきました。
ほんと、咲くのか、どうだか、気になる子です。


a0227137_22142881.jpg
会社帰りで、荷物が重いのに、
つい、白い縁(ふち)が面白くて一目ぼれして、持ち帰りました。
ビオラ苗が、電車でつぶされないよう、えらく大変でございました。
会社を辞めた今となっては懐かしい。


a0227137_2217113.jpg
こちらも、つぼみクシャクシャで、気になる子です。
巻貝チックです。


a0227137_22174869.jpg
心配をよそに、ちゃんと開花しました。
それにしても、よく、この子は咲きました。
鉢がスタンドのおかげで、高さが出て、風通しがいいのが良かったようです。
茎が長いので、フラワーアレンジにも重宝しました。


a0227137_22284917.jpg

ベージュ、こげ茶のビオラ。やはり茶色も捨てがたい。
この種もアリが狙って、鉢には長い行列が。



a0227137_2219135.jpg
貝母百合を下から見上げる。編み笠模様が面白いです。


a0227137_2220216.jpg
いい天気だね!!


a0227137_22211224.jpg
日陰の庭では、すみれボールが、いっぱい咲き始めて、
甘い香りが、あたり一面に漂っています。
やっぱりスミレはいい。
ハンキングバスケットなので、乾燥する関東の冬は、水やりがかかせません。
なので、世話もかかります。
咲いた時の感動はひとしお。


a0227137_22245264.jpg
球根植物は、もうじき眠りのシーズンに入ります。
球根を掘り上げて、梅雨時に乾燥させたほうがいいように、
園芸本には書かれていますが、私は植えっぱなしです。
植物自体のエネルギーで大丈夫だと思う、この頃。
(ちなみに、農薬も化学肥料もやってません)

パンジーには、アブラムシがいっぱいつきますが、
それを益虫のテントウムシが目当てに、これまた大群でやってくるので、
農薬をやる必要がないですね。
今年は、てんとう虫の幼虫を、いっぱい育てました(パンジー、ビオラが)

これまたドラマティックで、可愛いぃぃー♪のですが、
写真で紹介するのは、如何かと思うので、やめておきます。
定点観察で、てんとう虫の模様は、
子供の時には分からないのだということが分かりました。


a0227137_222684.jpg
シモツケ”ゴールドフレーム”が、ゴールドの葉っぱになってきました。


初春の庭は、劇的なスピードで走りぬけて行ってしまいますね。
さて、次は、バラの季節に突入です。




あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/


by atelier_aoitori | 2014-06-14 22:04 | Gardening

慈雨の頃

a0227137_21472026.jpg
一雨ごとに、春が近づく、とはよく言ったもので、
庭にいると、初春のドラマティックな変化が感じられます。


a0227137_2148318.jpg
鉢で暑い夏、寒い冬を乗り越え、
すみれが芽吹いてきました。今年は種からもいっぱい発芽しています。
アリは、すみれの種が大好物なので、持って行かれないよう、多少は保存しました。
思いがけない場所で咲いているのは、アリの忘れ物ですね。


a0227137_21504552.jpg
毎年、忘れずに咲く貝母百合(バイモユリ)。
シモツケ”ゴールドフレーム”の深緑はオレンジ!
ゴールドは、もう少し後の時期の色です。
黒葉はヒューケラ。


a0227137_2153532.jpg

貝母百合、シモツケは、この場所でお友達です。
それは…


a0227137_2154032.jpg
貝母百合は、直立するために、お隣の枝を利用して、
くるくると自分の葉っぱを巻きつけて自立します。
この貝母は、左手はシモツケ、右手は紅葉に、手をつないでいます。
そして、5月中旬には、地上部が枯れてしまい、
夏の間は、2種の樹木の下で、木陰利用。
これは、一方的に利用しているだけか???
紅葉とシモツケにとって、貝母百合のメリットは不明です。
…まぁ、友達なので「尊徳なし」で宜しくお願いします。


a0227137_2157319.jpg
ヘレボレスは、去年咲きすぎたので、今年は少な目です。
たまには、休むことも大事です。



a0227137_21581115.jpg
そして、雨。


a0227137_21591460.jpg
あちこち、賑やかになってきました。
ビオラ、越冬して3年目のレースラベンダー。
陽光で、すくすく育ってきました。


一度に見るのも、もろもろ、ご負担だと思いますので、
ヒヤシンス、パンジーは次回に持ち越しです。
長い記事に、お付き合いありがとうございました。



あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-12 21:43 | Gardening

いまさら桜の後編(4月初旬)

今年の桜の続きです。
a0227137_2184210.jpg
八重桜シーズン突入。


a0227137_2191999.jpg
花粉症、今年は楽でした。
手持ちで撮るときは、マスク厳禁なので、スギ花粉の少ないのはありがたいです。


a0227137_2194950.jpg
それにしても、暑い!


a0227137_2110481.jpg
寒いのは大丈夫ですが、暑いのは苦手な私…へばります。
この暑さ、八重桜は大丈夫なのでしょうか??


a0227137_21115320.jpg
まんまるの花つきが豪華です。
この頃から、6月末まで、よく晴れの日が続き、
横浜はカラカラな陽気、庭の花は今年は本当によく咲きました。
水やりが頻繁すぎて、こんな春は、そうそうありませんでした。


a0227137_21145693.jpg
こちらも八重桜。黒い幹と、ほのかなピンクの対比が綺麗です。


a0227137_21155659.jpg
ところどころ、葉っぱの先が紅をさしたようで可愛い。


a0227137_21163422.jpg
毎度ながら思う、外で植物を撮影するときは、静物対応ではなくて、動物対応です。風が強くて、揺らぎが速い。


a0227137_21174799.jpg
木陰の桜は涼しそう。


a0227137_21183356.jpg
遠くに見える銀杏の若い芽の水のような色が、
水彩画のように、にじんで綺麗に見えます。
太い幹から延びる花枝は、案外と長いので、ふーらふら揺れています。
背の低い子供でも、近くで見れそうです。


a0227137_2120331.jpg
ハナミズキの花も咲き始めました。


a0227137_2120535.jpg
銀杏の葉っぱの赤ちゃん。お手手のようで可愛い。

そういえば、こないだWさんに、桜を撮るときに青空が入るのが気持ち悪くて、
曇天が好きだと言われて、
へぇ~、気になるところが面白いなぁと思いました。
私は、晴天の桜も、曇天の桜も、好きです。


a0227137_21232313.jpg
さて、毎年同じ場所に行くのが楽しみな”緑光”。
りょくこう、と読みます。
どの枝も立派に花、葉をつけ、
立派に10メートルは優に超えていると思うのですが、斜めに生えています。

私の利用している駅付近で、
今年、ケヤキの枝が女児の頭を直撃というニュースの後、
2メートルぐらいに切られてしまいました。
人が通る場所ではないのですが、根本から斜めだからでしょうか。
女児のケガの具合や、心の平穏が取り戻せたか、気にかかるところですが、
樹木の悲鳴も気になります。


a0227137_21284967.jpg
残念ながら、来年は、こんなに、たわわに咲いている様子は見れません。
ふさふさと茂って、楽しませてくれて、ありがとう、緑光。


a0227137_21295923.jpg

うちの植栽の紅葉”銀竜”
季節は、初夏にはいっていきます。

桜好きのみなさま、遅まきながら、写真をUPしましたので、
ご覧いただければ幸いです。
画像が多くて、閲覧するのも大変でしたね。スミマセン!



あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-11 21:07 | 日々のこと

今更ですが、今年の桜を想いかえして。(3月後半)


気長にお待ちくださった皆様、お待たせしました。
そして、待っていてくれて、ありがとうございます。
6月になって、やっと桜、どーなの?!

今年は花見♪という浮かれた気分ではなく…
それは使用頻度の高いレンズを2本、修理に出す羽目になったから。
1本の異常が、カメラ本体を伝って、もう1本に影響した模様。
「壊れたら、さっさと直そう」が教訓となった春でした。


a0227137_2074647.jpg
近所の一重の桜(名前不明)小さい花ですが、圧巻の花数。


a0227137_206531.jpg
足元にも春。白花の水仙、水はけのいい傾斜地が好きです。


a0227137_208210.jpg
風に吹かれて、ゆらりゆらり。


a0227137_2085881.jpg
遠目に、リンゴのしだれた品種かと思いました。
開花と同時に、葉っぱも同時にでているのが特徴。渋い葉の色が見事。


a0227137_2092046.jpg
秋の実りを残してます。フヨウかな。産毛が綺麗。


a0227137_2093664.jpg
それにしても暑い~、日差し(@_@)


a0227137_2095227.jpg
普段は使わない200ミリレンズで、目視で見えない距離の花を撮るのは大変なことです。


a0227137_20102592.jpg
シジュウカラが桃の花に!
200ミリは野鳥撮影には便利です。
目に光が入る(キャッチライト)のが、レンズ越しによく見えます。
背中がピカピカしているのも、肉眼では分からないですが、よく見えます。


a0227137_20111593.jpg
場所を移動して、近所の公園へ。
こちらは染井吉野。枝が長くて立派です。


a0227137_20113294.jpg
風がないのは、今日だけとの予報だったので、撮影はラストの心意気で。
あとは時間との闘い。


a0227137_2011476.jpg
東急田園都市線ぞいは、街路樹が綺麗な場所が多いです。
あざみ野の桜並木も見事でしたよ。

a0227137_2012918.jpg
遠くの桜を捉えるのは、近眼の私にとっては大変です。


a0227137_20122738.jpg
かわいいなー


a0227137_20124258.jpg
これを撮っているときに、実家の父に遭遇。
へぇー、ウォーキングするんだぁ。知らなかった。
近眼な上に、息を止めて撮影しているので、
何度も呼ばれたのに、気が付かなくて失敬な娘!


a0227137_2013245.jpg
急激に日が翳(かげ)ってきました。


a0227137_20132162.jpg
明日の強風に負けないで、と思いつつ、シャッターを切る。


a0227137_20133828.jpg
ヒヨドリ、スズメには甘い蜜を提供してくれる春の花木はありがたい存在です。
夕焼けが綺麗な日でした。

さて、後半に続く。



あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-10 11:30 | 日々のこと

梅雨は家の片づけにうってつけ。

雨降りが続くと、前にも増して、家にこもりがちになります。
片づけシーズン到来!
断舎利までいかなくとも、片付いているということは、
毎日の精神にとって、大事ですな~

a0227137_19424982.jpg

プレゼント&お気に入りの青とピンクでまとめたコーナー。
手作業の細かいリース、
ニュアンスカラーの気に入っているコトリキャンドル。
カメリアコサージュは作りましたが、
T先生のように綺麗に作れたらアップで撮ろう…まだまだだな。

上の写真はライティングで撮影。
ついでに、自然光の撮影のものが下です。

a0227137_19461575.jpg 

ま、日中でしたら、撮れなくはないので、
あえてライティングする意味はないのかもしれませんね。

私は影のあるサイド光が好きなので、
光を作って撮影できるというのは、
ライティングのありがたさだな、と感じています。
(注・額縁の下の影の出方にこだわってみました)
それと、シャッターを押す際のブレが軽減されるのもありがたいです。
(ライティングは、高速シャッターなので)

別に、自分の好きを追求しているだけなので、正解はないですよ!
正解は?と、よく聞かれるので。
自分で「好き!」を、みつければいいのです。


あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-09 19:54 | 日々のこと

どこまでも突き抜けた人が好きだ

a0227137_23445011.jpg

この1週間、かなり新しい出会いがありました。
そして、元生徒さんたち、関係者の方々のブログを、
久しぶりに楽しむことができました。

好きな事を一生懸命に追い求めている人は、本当に気持ちがいい。
夢をかなえることも大事ですが、
もっと身近なところで、
もうちょっと打ち込めること、それに真摯な人、
そういう人は本当に魅力的だし、好きです。

今日も友達に刺激を受けて、心の宝物になりました。ありがとう。


あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/



by atelier_aoitori | 2014-06-07 23:47 | 日々のこと


東京、横浜の写真教室&ガーデンフォトグラファー飯田英里の空想のアトリエ「atelier aoitori」


by atelier_aoitori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
日々のこと
Gardening
Flower arrange
お知らせ
Pet
Handicraft
Photo lesson













画像一覧

その他のジャンル

画像

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
写真家