カテゴリ:Pet( 11 )

いつかまた会える気がした、夢で。

a0227137_19305412.jpg

こんばんは。あおいとりコーポレーション飯田英里です。
私の小鳥好きのルーツは、きっと赤ちゃんの時に、
母がアヒルのタオルぬいぐるみを作って、
プレゼントしてくれたのが発端だと思います。

違う動物のぬいぐるみだったら、違う嗜好になっていたのでしょうか。
とはいえ、クマだったら、クマは飼えないなぁ…で終わりますよね。

実現不可能ではないのが鳥です。
なので、最後に生活を共にしたいのは、あひるなのですが、
同じく、幼稚園の時に、一目惚れしたのが、小桜インコ。
こんな!まんまる黒目、しっぽの短い、可愛い鳥がいるなんて!!!

a0227137_19385513.jpg

念願かなって30代の時に、小桜インコとの生活がスタートしますが、
太く短く生きた9歳の生涯を終えます。
今日、夢で、羽の生え変わりの頃はかゆいらしいので、
頭をかいて!!とせがまれ、かいている夢を見ました。

実際は、きまぐれな性格なので、うっとりとしていても、
かいている最中に、
「なんで触ってんのよっ!!」的に、我にかえって怒ります(笑)

私も45歳に来月なるので、
もう人生の折り返し地点より「後ろ」にはいると思います。
またいつか会える気がする、それに、あと40年はかからないでしょう。

ペットを亡くして数年は、辛く、淋しく、悲しみがつのります。
想いが届かないって、こんなに切ないことなんだなと思いますが、
また、天国で会える気がすると思うと、
また笑って、待っていてくれる気がするのです。

いろいろな写真を整理していたので、
いろいろな人の想いを思う機会がありました。

赤ちゃん時代の私とアヒルのぬいぐるみの写真、
目の前のお宅の文鳥が可愛くて、
妹と私が、あまりに毎日「見せて~」と来るものだから、
(どういう粘り加減・・・)
何故か、2羽ともくださったのですが、それはそれは初ペットで可愛かったです。
文鳥を手に乗せて、うれしそうな姉妹の写真、
小桜インコのお嬢様の写真、
記録として残っていて良かった、と、心から思いました。

冒頭の黄色いチューリップの写真は、
花びらの反り返りが、インコの羽と似てるなぁ、と思って、
今回の記事に選びました。

そして、いま、老犬、老猫、老鳥…と一緒のご生活を送られている方も、
きっと多くおられると思います。
いっぱいの想い出と、いっぱいの愛情で、
一緒に生きている時間を、大切にされて欲しいと思います。


過去の記事から
小桜インコの無茶ブリ写真集です。
親ばかですが、可愛い。お楽しみいただければと思います。

小桜インコ的、気になるモノ
http://eriiida.exblog.jp/14641083/

続・小桜インコ的、気になるモノ
http://eriiida.exblog.jp/14641251/

いつもイタズラばかりな訳じゃないんだからね
http://eriiida.exblog.jp/14641312/

インコブーム到来(?)
http://eriiida.exblog.jp/18946079/








a0227137_18175565.jpg

a0227137_18192450.jpg

a0227137_18351765.jpg




by atelier_aoitori | 2016-03-18 20:01 | Pet

植物名クイズの答え

a0227137_1849238.jpg
前回のクイズ、水辺大好き植物は?の答えです。






正解は…






a0227137_18503888.jpg
ホテイアオイでした!

FBで、スイレン?とコメントを頂きました。惜しいです。
マクロ写真の画像は若干、赤を強くするように加工しましたので、
スイレンに見えたのかもしれません。
シベをよく見ると、
こんな透明のマラカス(楽器ですよ!)がくっついた形をしております。


メダカの繁殖用(卵の産み付け用)に、2株栽培しています。
ベランダの薄日の射すところに置いて、ローテーションしていますが、
先日、カーッと晴れた日に、葉が日焼けしてしまい、
ただいまお風呂場の窓辺で、蘇生中。

今年はメダカの卵のかたまりを、一粒ずつはがして、様子を見たところ、
過去最大のふ化に成功。50匹は超えてます。
(いつも無精卵から生じたカビ状のものが、
すべての卵に影響してしまい、多くの卵が、ふ化できなかった)

有精卵は2日目の状態で、若干、黄色みを帯びていて、
無精卵は、白いので、判別はすぐにつきます。

スジコを、イクラにする手順と同じですね。
魚卵かたまりの、筋を取ってあげれば、飛躍的にメダカの繁殖率が上がります。
特別な器具はなく、指でチマチマと作業をやっています。
弾力があるので、怖がらずに行います。

チビメダカズは、稚魚用のエサで、順調に育っています。
やはり稚魚用のほうが、食いつきがいいです。

白メダカと、黒メダカの子供なので、白い子と黒い子がいっぱい。
グレーの子になるのか、今後が楽しみです。


a0227137_18175565.jpg

a0227137_18192450.jpg



by atelier_aoitori | 2014-06-27 19:06 | Pet

インコブーム到来(?)

インコブーム到来とか。
インコ大好きな私にとっては、ペットショップに行くと、
いつも飼いたい衝撃にかられてしましますが、
生活スタイル的に、今は無理かな。がまん、がまん。

インコブーム到来で、インコのにおいのアイスクリームなども登場しておりますが、
私が身近に感じるのは、
逃げてしまったセキセイインコを探すチラシ、ポスターを見ること。

飼い主さんが、とても可愛がっていたにもかかわらず、
飛べるようになると、興奮して、
うっかり出て行ってしまうのもセキセイインコ。

インコをかごから出すときは、
家族全員に伝えてないと、いけません。
網戸が偶然あいたりした瞬間、飛び去ってしまいます。

これが、また迷いインコの写真の可愛いこと。
可愛がっていたんでしょうね、表情から読み取れます。
無事でありますよう。

a0227137_20585838.jpg

小桜インコのお嬢様がヒナだった頃。
マフラーで保温されて生活してました。
頭がまだ白いです。

a0227137_2101269.jpg

外に来る野鳥を威嚇するために、見張ってるところ。
けっこう、気が強いです。
あまりに誰も来ないので、
パトロール中に、うっかり眠くなっているようです。
左下に、いたずらで、ちぎった花が無残に散ってます。

a0227137_211466.jpg

ここからは、ピントがあってなくて、ヤバイ写真です。
そのくらい動きが速いというか、私のカメラの腕がまずかったですね。
ティッシュボックスをちぎって、
自分の巣に敷き詰めようと目論んでます。

a0227137_2134036.jpg

そういえば、7年前と比べて、いまのカメラの高感度で綺麗なこと。
悪いことは言わないが、ペット写真がメインの方は、
新しい一眼を買うことをオススメします。(どこの回し者???)
生きているうちに、まっとうな写真が撮れなかったことが、悔やまれます。


油断すると、どんなところでも留まります。
ワインの瓶にも留まれます。
好奇心旺盛の小桜インコ、
みんなが楽しいことをしているのが気になるのです。

a0227137_216273.jpg

カレンダーも、ビリビリです。
インコなりに、使命感に燃えているので、しょうがないかぁー
亡くなっても、たまに写真を見て思い出す、近くにいるように思います。
写真のチカラの一端ですね。




あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/


by atelier_aoitori | 2013-11-12 11:52 | Pet

だいぶんと前の話ですが、天国に旅立ちました。

a0227137_031660.jpg

ミドリフグのみどちゃん、昨秋に天国に旅立ちました。(写真は寝ているところ)

a0227137_0314378.jpg

5センチ近くになってきたので、
大きくなったなぁと感慨深いものがありました。

模様も綺麗で、まるまる太っています。
なんといっても、朝と夕にアサリの蒸したものを食べるようになってから、
堂々とした体格になった気がします。

結構、食べ物には、飽きやすい性格で、
マグロ、エビ、貝類、イカ類、生きた赤虫(これはグロテスク)も、
数日続くと、見向きもしなくなるので、アサリは貴重でした。
からかってスイカをやったら、大喜びで食らいついたのに、
なにコレ!?と怒ってました。
a0227137_038051.jpg

スイカで、魚釣りをする地域があるとニュースで見たので、
(ミドリフグ釣りではないですよ)
釣れるわけないじゃん、とやってみたら、食べてしまいました。
ひとまず、なんともなかったです。
ミドリフグに、レタスを上げている人もいると聞きました。

a0227137_0385578.jpg

(写真は、水替えのときに、金ダライに入れられるのが面白いらしく、機嫌がよいみどちゃん。
自分が映るのが楽しかったのでしょうか。)

水を変えると、どうも異様に興奮していました。
活力剤の影響と思い、規定量よりも、かなり少な目に入れて、
水槽を完全に覆っていたのにもかかわらず、
夜中に、ジャンプしてしまい、朝、床の上でお亡くなりになってました。
どこから出てしまったのか、まったく分かりません。

その3週間前にも、脱出してしまい、
古新聞の間で、奇跡的に生き残ったのですが、
(その時も、白目をむいて、ヒレはボロボロにちぎれ、
体の模様は皆無になったので、もう助からないかもしれない…と
覚悟しました)
4日後には、綺麗に、ヒレも元通りで、生き返ったかのような回復ぶり。
前よりも綺麗になった?ぐらいな感じだったのですが、
今回は、奇跡は起こらなかったようです。

こんな小さな生き物なのに、毎日、話しかけて、反応が嬉しかったし、
楽しませてくれた存在は、心に大きな穴を残しました。
半年たって、やっとブログに書くことにしました。
家にやってくる方々に、「あれ、みどちゃんは?」と聞かれるので、
ブログにも書いてなかったな…と思いまして。

気を取り直して、友人の日本画家さんの個展にでかけ、
彼女の彼岸花の絵が、まるで、あちらの世界に旅立つみどちゃんへの手向けみたいで、
心が洗われたのを思い出します。
彼女も、メダカを亡くしたときのことをお話ししてくださって。
美しいものは、心を打つと、改めて感じ取りました。

ミドリフグの飼育として、脱出しないように心がけることを
お伝えできればと思い、記事にいたします。

1代目のふぐちゃん、2代目のみどちゃん、
どちらも安らかに。


あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/


by atelier_aoitori | 2013-04-28 00:29 | Pet

メダカの稚魚

白いめだか2匹、黒いメダカ3匹を飼っているのですが、
卵を産むものの、なかなか孵らない。
いつも途中で、カビにやられてしまうようなので、
今回は、親から隔離した後も、
毎日、水を半分くらい変えてみたところ、待望の孵化!!

a0227137_22174581.jpg

ちっこい!!
5ミリぐらいのメダカが時間をおいて、どんどん生まれます。感動です。
今回は、白いメダカが母なので、母似で美しいスラっとした子供たち。
(昔、違う品種を飼っていました)

暑い夏なので、水温が気になるところです。

■追記
我が家の白メダカのメスは、卵をかたまり状に生むので、
いつもお尻に大量につけたまま、泳いでいます。
シーズン最初は、鳥のように卵づまりにならないのか、心配だったため、
網で捕まえて、メダカと卵を引き離しました。
メスもケロッとしていました。違和感があったのかもしれません?

1.卵のふ化に向けて
かたまりのままだと、無精卵から生じたカビで、全部がかびてしまうので、
一粒ずつ、離すことにしました。
手順は、指で慎重に、魚卵のスジから、一粒ずつ離すだけです。
特に機材もいりません。

卵がうまれて2日目で、
有精卵は、若干、黄色がかった透明の弾力のある卵
無精卵は、白濁した色をしていますので、判別は簡単にできます。
残念ですが、その後、途中で死んでしまった白濁した卵のみをスポイドか、
つまようじ(カビ部分が、簡単にひっかかります)で隔離して、
成長していく卵のみを育てていきます。
卵の成長とともに、目がクリクリ動いて、可愛い時期です。

2.ふ化後
水温の上昇で、弱ってしまいます。
気温の上がりすぎないところで管理します。
表面にういた油を、スポイドでたまに取り除いてあげます。

エサは、稚魚用のエサのほうが、圧倒的に食いつきが違いました。
成長も早いように思います。





a0227137_2220357.jpg

ミドリフグも、蒸しアサリを与えるようになってから、
急激に大きくなってきました。
動きが落ち着かない、ウロウロ泳ぎをいつもして元気いっぱい。
(だいたい実物大の写真です。)


a0227137_22212620.jpg

落ち着きのない人みたいに言わないで下さる???


a0227137_22221534.jpg

水換えのときに、金ダライにいれると、
なぜか大興奮して、ヒレの動きが活発になるのが面白いです。
お腹が写るので、仲間がいると思っているのでしょうか。

あまりに嬉しそうなので、
鏡を見せたところ、嫌らしく、水面ジャンプ。
…なので見せないほうがいいみたいです。






あおいとりコーポレーション
http://aoitori-corporation.com/
by atelier_aoitori | 2012-07-18 22:27 | Pet

いつもイタズラばかりな訳じゃないんだからね

a0227137_2011783.jpg
肩に乗って、うっつら、うっつら。

a0227137_2022298.jpg
レンズに寄って来てかじるので、あまりアップでは写真は撮れません。
珍しいショット。

a0227137_2033531.jpg
特技の紙切り。神業です。すさまじく速い

a0227137_2044534.jpg
得意げ。



あおいとりコーポレーション 飯田英里
http://aoitori-corporation.com/
by atelier_aoitori | 2012-02-15 20:00 | Pet

続・小桜インコ的、気になるモノ

a0227137_19391480.jpg

今日はバレンタインデーね。みんな、チョコあげたかしら??
(注・自分の姿がタオルハンガーに映るのを見て、
仲間がいると思っているのか、
単にナルシストなのか、うっとり)

a0227137_1941679.jpg

これ、ウチに持って帰れないかしら??

a0227137_19421154.jpg

なにか良い案はないのかしら。

a0227137_1943749.jpg

あー、もう伸びちゃうんだから!

a0227137_19442441.jpg

ん??
何してたか忘れちゃったじゃない!







a0227137_19471876.jpg

今日は洗面所で、新しい住処(すみか)を開拓よ!!

a0227137_1954590.jpg

うんしょ、うんしょ

a0227137_1955259.jpg

もうじきよっ

a0227137_19554830.jpg

んー、狭くて、住めないわねぇ。









あおいとりコーポレーション 飯田英里
http://aoitori-corporation.com/
by atelier_aoitori | 2012-02-14 19:52 | Pet

小桜インコ的、気になるモノ

昔の写真からお送りしております。
昨年、太く短く、9歳で亡くなった小桜インコのお嬢様。

a0227137_192381.jpg

こんにちは~、けっこう気ままに生きてるようだけど、
この時期とっても気になることがあるのよねっ

a0227137_1961358.jpg

わたし、普段はトートバッグが寝るところなの。

a0227137_1974342.jpg

やりたいことがある時だけ、

a0227137_1984886.jpg

こうやって、登場するわけ。
やりたいことって何?って?それは…

a0227137_19104428.jpg

なんといっても、巣の材料を集めることよ!仕事なの。

a0227137_19135722.jpg

せっせ、せっせとカレンダーから切り集めて…

a0227137_1914486.jpg

背中にはさんで、トートバッグに持ち帰るのよ。
ほとんどは、飛んでいる最中に落としちゃうんだけどね。
エリちゃん使って、持ってこさせるの☆だから落としてもOKなの。
親切にチラシ構えて切らせてくれるママもいるし、
新聞読んでるパパもいるから、ラッキ♪

a0227137_19163341.jpg

そして、新しい住処(すみか)もアンテナ張って探してるんだから。
ところで、最初の話に戻るわよ。
気になるもの、それは…

a0227137_1923350.jpg

お雛様なのよ!
あの隙間に住みたいわ~
(と、いつもお雛様の前で、シゲシゲと眺めるお嬢様であった)


おまけ。
a0227137_19202352.jpg

by atelier_aoitori | 2012-02-13 19:01 | Pet

新たなミドリフグ

秋の終わりごろ、
初代ミドリフグのふぐちゃんが星になってしまいました。
何日も前から、水を作って、
いよいよ交換しようと思っていたときだったので、
余計に、寂しさがつのります。

あんなに小さくても、
話しかけたり、目線をやるところがあるというのは、
たとえ、空気と水で隔てられていても、
心が和む存在だったと思い知らされます。

a0227137_0403537.jpg

で、結局、2代目ミドリフグ。
今度は、ちょっと大きく、胴体もまるまるしていて、
なんといっても…性格が荒いです。

いやー、性格がずいぶん違うんですよ。ビックリしました。
初代は、温厚で、お行儀がよかったのだと知りました。
2代目は、エサを肉食っぽく、勇ましく食べます。

しかも、クレル(乾燥海老)しか食わん!!と言ってます。
(他のエサをやると、まずいと思われるところを「ペッ」と捨てる)
面白い奴です。


PS.すみません、ピントが緩くて。
動きが恐ろしく速い、
4センチぐらいと小さい、目も小さい、動く水もある、
カメラマン泣かせのモデルさんです。
by atelier_aoitori | 2011-11-12 00:53 | Pet

めだかの学校

a0227137_1922811.jpg

メダカも元気です。
Yさんから頂いた金色のメダカ3匹、
Dさんから頂いた白いメダカ2匹、
そして花屋さんで小さい黒いメダカ3匹を買い、
なんとも賑やかなメダカ水槽。

メダカのいいところは、温厚な性格。
お仲間が増えても、ちゃんと仲良くしています。

ミドリフグは単体飼いでないと、ヒレを食べてしまうと言われました。
見かけによらず、凶暴なんですね~

a0227137_193290.jpg

自分の顔を見ているみたい。
by atelier_aoitori | 2011-09-13 19:01 | Pet


東京、横浜の写真教室&ガーデンフォトグラファー飯田英里の空想のアトリエ「atelier aoitori」


by atelier_aoitori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
日々のこと
Gardening
Flower arrange
お知らせ
Pet
Handicraft
Photo lesson













画像一覧

その他のジャンル

画像

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
写真家