切り花を長い間、楽しみましょう。

a0227137_2236117.jpg

花を飾るなら、長く、お互い快適に、一緒に過ごしたいものです。
昨年の出版記念の際に頂いた花束に入っていた木蓮。
かれこれ、2か月半たっていますが、
花瓶のなかでも、なんと季節を感じさせてくれる成長っぷりです。
花芽が膨らんできました。

a0227137_22431193.jpg

ネコヤナギ(赤芽柳)も入れて。
今は、ネコではなくて、新芽が緑の可愛い葉っぱになってきました。

a0227137_22433372.jpg

ヒヤシンスの茎は、伸びていくと
頭の重さで、折れてしまいます。

a0227137_22442861.jpg

折れてしまったら、短く切って、小さな器に入れ替えて。
オーニソガラム、チューリップとあわせました。

a0227137_2245881.jpg

葉っぱも、器で重さを抑えるのに大事ですので、
花だけを楽しまないよう、葉っぱも大事にしてくださいね。

a0227137_2246255.jpg

こちらは同じ花(デルフィニウム、トルコギキョウ)を買い足して、
花期の長い花(雪柳)とあわせて、ずっと楽しんでいます。
撮影会に持参したお花ちゃんたちです。

a0227137_22503913.jpg

撮影会では、2つに分けていたラナンキュラスも、
ひとつにまとめてみると、ボリュームが変わって、違う魅力を発見。
コプロソマ(茶色の枝のような植物)は長持ちで、
切り花でも、冬の庭でも、元気で、ありがたい存在です。
真ん中の葉はフェイジョア

a0227137_22534231.jpg

さて、本当に長いこと楽しむ手段の、最終手段はこちら。
お花部分だけを水に浮かべて。

a0227137_22545357.jpg

どうしても水揚げが悪くなってきますので、
茎が短くなるということは、お花にとっても、水が吸いやすくて、すごしやすいと思います。

水につかるので、数日しか楽しめませんが、
一緒に過ごした時間を、いとおしく味わっていきたいと思います。
花に親しむのは苦手という方、ぜひ、お試しください。







あおいとりコーポレーション(飯田英里official site)
http://aoitori-corporation.com/




by atelier_aoitori | 2014-03-21 02:34 | Flower arrange


東京、横浜の写真教室&ガーデンフォトグラファー飯田英里の空想のアトリエ「atelier aoitori」


by atelier_aoitori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日々のこと
Gardening
Flower arrange
お知らせ
Pet
Handicraft
Photo lesson













画像一覧

その他のジャンル

画像

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
写真家